Beppu
Beppu | Feature

自然が作り出す神秘的な光景!温泉天国大分県で「地獄めぐり」

アクティビティ(その他)

全国で最も多い湧出量を誇り「日本一」と謳われる、大分県の別府温泉。そんな別府で一番人気の観光といえば、地底から噴き出る熱湯や噴気の様子を眺める「地獄めぐり」です。自然が生み出す様々な奇景は、この世のものかと疑うほど美しく、神秘的なものばかり。ここでしか見ることができない景色と出会いに、別府を旅してみませんか。

Reporter

ニッコ アレリアーノ

会社員

ニッコ アレリアーノ

フィリピン

私(僕)は、食べることが大好きです。SKIPPSは、美味しいものを食べられるだけでなく、第2の故郷・福岡を探検する良いチャンスにもなりました!

フィリピンから来たニッコです。日本人の女性と結婚して、日本にやってきました。今は英語教師として働いています。新しい友達を作って話をすることがとても好きです。料理をしたり歌を歌ったりすることが自分流のストレス解消法です。それから、健康のためにヨガを習っています。

Areas Fukuoka
Speciality 料理、歌をうたうこと、読書、物書き、コンサートに行くこと、旅行、食べることや飲むこと
Age 27
Sex 男性

別府駅

まずは別府駅に到着。地獄めぐりへは、ここからバスかタクシーで出発します。今回は、海地獄から6つの地獄をまわったあとに、残りの2つの地獄をめぐることにしました。駅前には、別府を一大観光地にした油屋熊八(あぶらや くまはち)の像があります。彼がモットーにしていた「旅人をねんごろにせよ」という言葉は聖書から引用したものなのだとか。興味深いですね!

Reporter's Comment
駅前には、手をあたためる手湯もあります。実際に手を浸してみると…結構熱めですが、リラックスできました。さすが「おんせん県」大分!

地獄めぐり(海地獄から鬼山地獄)

別府駅からバスで15分程、〈海地獄(うみじごく)〉につきました。地獄めぐりには、お得な共通券(2100円)が便利です。地獄のなかで最も大きい海地獄、券を購入してなかに入ると、鮮やかなコバルトブルーの水面が広がっていました。周りにはカラフルな花が咲き、地獄というよりは天国みたいな光景ですね。海地獄ではその熱湯や蒸気を利用して作られた温泉卵や地獄蒸しプリンが販売されています。とっても濃厚な地獄蒸しプリンは最高でした!

お次は、すぐ隣にある〈鬼石坊主地獄(おにいしぼうずじごく)〉へ。灰色の熱泥が地面から湧き上がる様子が坊主頭にそっくりで、こんな名前がついたのだとか。地獄の中には、「鬼の高鼾(たかいびき)」と呼ばれる、約100℃の間欠泉が轟音とともに吹き上がる場所もあります。

山のいたる場所から噴気があがる〈山地獄(やまじごく)〉では、温泉熱で育てられた動物たちがいます。孔雀や、カピパラ、フラミンゴ、うさぎなどの動物たちは、ずっと見ていても飽きません。個人的なお気に入りは、カピパラ。「キューキュー」と、とってもかわいい声が印象的でした。

〈かまど地獄〉には、地獄の1〜6丁目と名前がついた様々な湯の池があります。こんな近距離に、オレンジの池や、乳白色の池、鬼石坊主地獄のような熱泥など、様々な光景が広がっているのはとっても不思議でした。

別名〈ワニ地獄〉とも呼ばれる〈鬼山地獄(おにやまじごく)〉には、熱湯を利用してクロコダイルや、アリゲーターなど、約70頭ものワニが飼育されています。タイミングがあえば、かわいいワニの赤ちゃんを見ることができますよ!

落ち着いた雰囲気の和風庭園のなかに、乳白色の湯の池が広がる〈白池地獄(しらいけじごく)〉。入り口には、昔、荒れ狂う地獄を鎮め、温泉を作ったと言われている一遍上人(いっぺんんしょうにん)の像があります。ここでは、ピラニアや、ピラクルなど迫力ある熱帯の魚を見ることもできます。

Reporter's Comment
自然の神秘が感じられる地獄めぐり前半戦。どの地獄も特徴的で、ついつい長居してしまいました。全て徒歩圏内にあるので、2〜3時間かけてまわることができます。

サイトシーイング, 自然・景観, 観光施設, 植物園, 商業施設, ギャラリー, ディナー / ランチ, 和食・日本料理, 定食, そば・うどん・麺類, スイーツ

Umi Jigoku

[海地獄]

Hours
Sun.
08:00 - 17:00
Mon.
08:00 - 17:00
Tue.
08:00 - 17:00
Wed.
08:00 - 17:00
Thu.
08:00 - 17:00
Fri.
08:00 - 17:00
Sat.
08:00 - 17:00
Public
Holiday
08:00 - 17:00

地獄蒸し工房 鉄輪

6つの地獄をめぐり、お腹が空いてきたところで、白池地獄から歩いて5分ほどの場所にある〈地獄蒸し工房 鉄輪(じごくむしこうぼう かんなんわ)〉でランチをいただくことにします。ここでは、地熱エネルギーの温泉噴気を利用した別府の伝統料理「地獄蒸し」が体験できるんです。今回は様々な食材を楽しめる「地獄蒸し玉手箱(2000円)」をオーダーしました。蒸しがまで温めること15分、綺麗に蒸し上がりました。いただいてみると、野菜はみずみずしくやわらかで、お肉はとってもジューシー!ヘルシーで美味しい、別府ならではのランチですね。

Reporter's Comment
パートナーや両親をつれてまた行きます!人気のお店なので、事前の予約がおすすめですが、お店の前には足湯や、温泉のお湯が飲める飲泉コーナーもあるので、時間をつぶすこともできます。ちなみに飲泉はとっても酸っぱかったです。

アクティビティ, 文化体験, 料理教室

Jigoku Mushi Kobo Steam Cooking Center

[地獄蒸し工房 鉄輪]

Hours
Sun.
09:00 - 21:00
Mon.
09:00 - 21:00
Tue.
09:00 - 21:00
Wed.
09:00 - 21:00
Thu.
09:00 - 21:00
Fri.
09:00 - 21:00
Sat.
09:00 - 21:00

地獄めぐり 竜巻地獄と血の池地獄

腹ごしらえが出来たところで、次の地獄へと向かいます。お店から2、3分のところにバス停があるのですが、今回はちょっと早めに出て、町並みを一望できるスポット「みはらし坂」へ行ってみました。バス停を通り過ぎて5分ほどの場所からは、湯けむりが立ち上る別府鉄輪の町並みを一望できるのでおすすめですよ!

別府市の天然記念物にも指定されている間欠泉〈竜巻地獄〉。屋根で止められていますが、実際は30mくらい吹き出す力があるのだとか。噴出時間は6〜10分、休止時間は30〜40分なので、先に〈竜巻地獄〉の受付で状況を確認しましょう。

地獄めぐりのラストスポットは〈血の池地獄(ちのいけじごく)〉。日本で一番古い天然の地獄で、海地獄とは対象的な、赤い熱泥の池が広がっています。約80℃の熱湯の池の隣には、涼しげな滝があるのも不思議ですね。ここは高い丘から地獄を一望することも出来ます。オレンジ色の池と、青々とした緑のコントラストがとっても綺麗でした。オリジナルのお土産もチェックしたいところです。

Reporter's Comment
迫力満点の竜巻地獄と、まさに地獄といった色あいの血の池地獄は、地獄めぐりの締めくくりにふさわしいスポットでした。自然のすごさと、その恩恵を受けて人々が暮らす、別府の良さを満喫できた一日でした。

サイトシーイング, 自然・景観, 写真スポット

Tatsumaki Jigoku Hot Spring

[竜巻地獄]

すべての地獄は3〜4時間でまわることができます。個性的なスポットばかりなので、十分に別府の魅力を堪能できますよ。途中、地獄ならではのお土産や、熱湯が湧き出す別府らしい地獄蒸し料理のお店もたくさんあるので、ぜひ立ち寄ってみてください!

Share

LINE

Writer

エディター・ライター

立岡 美佐子

日本

現地ならではの魅力をお届けします!

旅好き、ごはん好き、カメラも大好きな編集&ライター。なぜか京都検定をもっています。国内海外問わず、美味しいごはんや、人との出会いを求めて旅すののが好きです。

Areas Nagasaki,Kumamoto,Beppu,Yufu
Speciality 旅、カメラ、ごはん、歴史、京都、津軽三味線、温泉
See More