Kyoto
Kyoto | Feature

京都旅行をワンランクアップ! 伝統の「京町家」に泊る、とっておきの宿泊体験

アクティビティ

日本有数の観光都市「京都」。歴史ある神社仏閣が建ち並び、古き良き日本の雰囲気が色濃く残っているため国内だけでなく海外の旅行客からも強い人気を得ています。そんな京都には多くの旅行者のための様々なホテルや旅館があります。高級ホテルや老舗旅館に宿泊するのもいいですが、今回は旅行をより特別な体験にしてくれる「京町家」を利用した宿をご紹介します。

京町家とは、昭和初期(昭和25年)以前に建てられた建築物で、なかには江戸時代に建てられたものが残っています。基本的には商家や民家として使われていていましたが、現在も住居として受け継がれているものも。しかし、近年は老朽化や住人の高齢化、後継者不足などの理由から、取り壊しや建て替えなどで京町家が減ってきているという現状もあります。

そんななか、京都の文化である町家を後世に残そうという動きが高まり、シェアハウスやレストランとして再利用するという活動が行われています。今回ご紹介する京町家を利用した宿もそういった活動の一環で誕生した宿なんです。

京都旅庵 然(ぜん)

ご紹介する1軒目は、平安神宮、南禅寺、銀閣、などの人気スポットがある東山エリアに建つ〈京都旅庵 然(ぜん)〉です。角地に建つ一軒屋で外観はまさに京都の古いお屋敷と言った風情です。

中に入ると目の前に広がるのは、真四角の琉球畳を敷き詰めた広い客間。客間の脇には走り庭と呼ばれる土間があり、抜けた先には苔むした裏庭が。裏庭はモミジ、やアセビ、ツバキなどが植えられていて、季節によって異なる姿が美しさをもたらせています。塀に囲まれた裏庭はとても静か。縁側に座り庭を眺めたり、読書をしたりと、静かなひと時を過ごすにはぴったり。夜にライトアップされた姿も幻想的です。

1階には客間と裏庭のほか、モダンな洗面所と浴槽と壁面をヒノキで統一したお風呂があります。お風呂は窓をすべて開け放つことができ、全て開ければまるで露天風呂のよう。お風呂からライトアップされた庭も眺めることもでき、贅沢なリラックスタイムが楽しめます。キッチン、冷蔵庫、洗濯機などもあるので、長期の滞在にもオススメです。

玄関脇にある階段を上り2階へ。まず目に入るのは、二面採光により明るいコーナースペースです。アンティーク家具が置かれていて、壁面や天井の和風な造りとのコントラストが大正ロマンを彷彿とさせます。もちろん椅子やテーブルは実際に使えるので、コーヒーを飲みながらまったりするのにはとてもいいスペースです。そのほか、セミダブルベッドが2台置かれた主寝室と、6畳の和室があります。ベッドで寝るのもいいのですが、あえて和室に布団を敷いて寝るのも風情があります。

こちらは定員が10名までなので、団体旅行の方でも安心。もちろん1日1組限定の宿なので、プライベートスペースに他の人が入ることはありません。駐車場完備で、車での旅行やレンタカーで京都を周るという方にも対応可能。和風建築ですが、部屋の中は洋の要素がミックスされていて、まさに和モダンという言葉がぴったりなお宿です。

宿泊・温泉, ホテル・民宿, B&B・民泊

Kyoto Ryoan ZEN

[京都旅庵 然(ぜん)]

京都二条 さわら木の宿

2軒目は、世界遺産にも指定されている二条城まで徒歩十数分、ほかにも安倍晴明を祀る晴明神社や京都御所までも徒歩15分ほどの場所にある、〈京都二条 さわら木の宿〉です。宿のある椹木町(さわらぎまち)は古い町家建築が多く残る場所で、俳優の佐々木蔵之介さんのご実家、洛中に唯一残る「佐々木酒造」の酒蔵建築も見ることができます。

〈さわら木の宿〉の建物は、京都市から「景観重要建造物」「歴史的風致形成建造物」に指定された歴史ある貴重な建築です。もともとは酒造に米を卸していた米問屋の建物だったと言われているそうです。古い町家に屋根上によく見られる、家の厄を払ってくれる鍾馗(しょうき)さんもしっかりと鎮座しています。

中に入ると京町家の特徴のひとつである「うなぎの寝床」と称される奥に長い造りになっています。天井がとても高く、古民家特有の太い梁や柱の重厚さに見とれてしまいます。お部屋は玄関横の和室から、板の間、板の間、和室、和室と5部屋も連なっていて、全て戸を開け放つとその奥行きに驚かされます。一番奥の和室が坪庭に面した居間となっていて、庭を眺めながらゆっくりとくつろげます。もともと住んでいた方がお花とお茶の先生だったそうので、居間の天井には釣釜を吊るす時に使っていた釜蛭釘や、炉畳が残っていて、この建物の歴史を省みることができます。

坪庭には、さざれ石や貴船石などの上質な石材が使われ、ツバキ、ウバメガシ、モミジなどが植えられています。四季によって違う季節感を感じる風景を見ることができ、そんな美しい庭を眺められるように作られたお風呂がまた素晴らしく、木製風呂の材質として最高級のコウヤマキという素材で作られた広いお風呂にゆっくりと浸かりながら、庭を眺めればまた格別なバスタイムを味わえます。こちらも長期滞在に嬉しい、キッチン、冷蔵庫、洗濯機が完備。キッチンのある空間はかつては「走り庭」と呼ばれていた土間ですが、綺麗にリノベーションされ使いやすい空間に変わっています。

2階にいくと和室が2間つづいています。奥の和室にはベッドが備え付けられ主寝室として、手前の和室は副寝室として利用できます。部屋は広々していてまったく窮屈さはありません。

扉や窓なの建具や設えとして配されている小物は、どれも時代を感じさせてくれるものばかりで、宿全体の雰囲気を高めてくれています。〈さわら木の宿〉は昔の雰囲気を存分に残しており、日本の親戚のお屋敷に招かれたような体験をすることができます。

こちらの宿も定員は10名までとのことで、大人数の旅行にも対応できます。もちろん2人でも利用はできますが、少し広すぎて持て余してしまうかもしれません。

宿泊・温泉, ホテル・民宿, B&B・民泊

Sawaragi no Yado

[京都二条 さわら木の宿]

今回紹介した宿を管理しているのは、京都駅前にレセプションを構える「京町家の宿」です。紹介した宿の他にも30件ほどの京町家を利用した宿を管理しているのだそう。定員4名ほどのコンパクトな京町家の宿もあり、利用する人数に合わせて選ぶことができます。まるで京都に住むような特別な体験ができる京町家の宿。二度目の京都旅行、いつもと違った宿泊体験がしたいという方にオススメです。京都旅行をお考えの際候補の一つに加えてみてはいかがでしょうか?!

Share

LINE

Writer

フォトグラファー

北島和将

日本

食、酒、遊び、文化など、日本中を飛び回り様々な興味深いトピックスをご紹介します!

雑誌・WEBなどで活動するフォトグラファー。主に「食」と「旅」をテーマに撮影を行う。ライフワークは離島に訪れその場所の文化や人と触れ合うこと。

Areas Utsunomiya,Hakone,Odawara,Gotemba,Nagoya
Speciality 食と旅
Sex 男性
Website http://n-i-p.net/
See More

Related Features